目的・主な活動

更新日:2008.11.27

本会の目的

この法人は、戦争で心身共に傷ついたルワンダの子供達に対して、教育の機会を与え、民俗や宗教政治思想にとらわれることなく、その人らしく生きていくための様々な教育支援に関する事業を行い、ルワンダの平和に寄与する事を目的とする。

主な活動

教育支援事業

 NGO「ADESOC」が目指している総合学園は、貧しい子ども達も学ぶことができる学園であり、大人のための自立支援も視野に入れた活動でもあります。

 現在まで、多くの方々のご協力によって、校舎は、2001年9月に2教室で開校することができ、現在15教室を建設することができました。2008年1月には初めての小学校卒業生18名全員が各地の中学校に入学することができました。

 本会は貧しい子どもも学べるために幼稚園・小学校の運営面への支援を続けております。

 この大きな期待に応えるためにも、壮大な夢に向かって、長い年月をかけて、1歩1歩進んでいきたいと思います。

ルワンダを理解していただく為の講演活動

ルイズが自分の体験を通して

  1. 命の尊さ
  2. 教育の尊さ
  3. 平和の大切さ

を語りかけます。あたりまえと思っていた日本の平和がどれほどありがたいものか、一緒に考えてみませんか。
※講演の依頼があればどこにでも行きます。 依頼は事務局まで

異文化理解のためのイベント開催

  1. 明るくバイタリティーにとんだアフリカを理解していただくため
  2. 日本文化を見直すため 様々なイベントを開催しています。
    • BB.モフランコンサート
    • ムクナ チャカトゥンバコンサート
    • 葉祥明講演会
    • ピーストレイン(南こうせつ,イルカ、小室等、高田渡)

民芸品の販売

 ルワンダのコーヒー、紅茶等も販売しています。
 私たちがこれを取り寄せることで、彼らの生活を支えることが出来、皆様にルワンダの貧しい子ども達が作ったカード(アフリカの中央部の国ルワンダのストリートチルドレンがバナナの木の皮や、ルワンダの野草の押花を使って1枚ずつ、手作りしたものです。)をお買い上げいただくことによって、ルワンダの学校建設にご協力いただくことになります。

ルワンダの教育を考える会について