プロフィール

更新日:2008.11.27

ルイズ写真.jpg


永遠瑠(とわり) マリールイズ  プロフィール

1965年10月  ルワンダ人の父親の赴任先であるコンゴ民主共和国に生まれる。
1985年 7月  高校を卒業。
1985年 9月  技術高等学校に洋裁の教師として赴任。
1986年 9月  結婚を機にキガリ市の技術高等専門学校に洋裁の教師として転任。
1993年 5月  青年海外協力隊カウンターパートナーとして福島文化学園にて洋裁の研修を受ける。
1994年 2月  ルワンダへ帰国。同年4月7日内戦ぼっ発。子ども3人を連れ、隣国のコンゴ民主共和国の難民キャンプに逃れる。難民キャンプで偶然出会ったアムダの日本人医師の通訳となる。
1994年12月  研修生時代の友人らの尽力で家族そろって再来日。
2000年10月  「ルワンダの教育を考える会」を立ち上げ、キガリ市内に学校を設立。命の尊さ、教育の大切さを訴える活動で全国を駆け回っている。  
          現在も継続して教室の拡大、図書館や給食室も設置している。
2011年 3月  在住する福島において東日本大震災で被災、原発事故を経験。以後、避難所で、のちに仮設住宅でのボランティア活動も行っている。
2012年 5月  日本国籍取得
2014年 8月  日本とルワンダとの相互理解の促進活動が認められ、外務大臣表彰を受ける。